自担の抜けたコンサートに行った話。

9月9日、宮城公演に行ってきました。

一緒に2日間いてくれたまろんちゃんはじめ、お会いして下さったみなさん、ありがとうございました🍀

 

 

以下ネタバレを含みますので気になる方は閲覧をお控えください。

 

とても楽しかったです。光くんに「おかえり〜!」って言えたの、宮城来てよかったって思ったし、MCもいつもと変わらない楽しさがありました。そして肉眼で見れる幸せ。

 

 

 

でも、何を見ても、けいとりんがいたら、と考えてしまう自分がいました。

 

 

precious girl の「君の世界が煌めくように」は、けいとりんの声が聞こえてしまった。明らかに知念ちゃんしか歌ってないのに。なのにその後のマエヲムケの「状況次第で一気に協調性を増す」は知念ちゃんの声しか聞こえなかった。なんか受け入れてしまった気がした。

この衣装を着たらきっと似合ってただろうな、サングラスを外すところが見たかったな、1番後ろの席まで思いっきり手を振る姿が見たかったな。

薮くんのギターの初心者感に安心してしまった。薮くんが乱れた髪をかきあげなかったのは大正解でした。

ソロパートを代わりに歌うメンバーを見て、複雑な気持ちになりました。誰も責めちゃいけないのは分かっているけど、ああこれはこれで完成しちゃうんだなって。

 

行く前からネタバレを相当踏んで心の準備をしていました。だからそれなりに覚悟しているつもりでした。

それでも、やっぱり寂しい思いになってしまいます。

 

どこを見ても緑色の照明はなくて、このままモヤモヤした気持ちでコンサートが終わるんだと思いました。

 

 

でも、そんなことありませんでした。

 

Swinging days がこのツアーで1番好きな演出です。

間奏で8人がステージから奈落に飛び降りました。曲中で全員がはけるなんて想像しなかったです。

大サビで上がってきたのは、8人だけではありませんでした。一緒に、いつものHey!Say!JUMPのオブジェ(メンステ上についてるやつ)が出てきました。

信号はオレンジの太陽、透き通る赤く灯る、若葉の時代、Purple eyes、黄色い声、少年。

9色揃ったこの歌で、「これがHey!Say!JUMPなんだ、JUMPは9人なんだ」と伝えてくれているような、誇らしくて、そして力強い8人の姿が忘れられません。

あぁやっぱりJUMP好きだな、応援したいなって思いました。

自分の決断を認めてくれたメンバーを支えてほしい、ってけいとりん言ってた気がするし、なんか向こうから笑顔で見守ってくれてる気がしました(いやバリバリ生きてるけどな!)。

 

 

「え〜皆さん、本日はありがとうございました。…」 やまちゃんが挨拶する時は、まずファンに感謝を伝えることが多いと思います。

でも、私が見た中で、一度だけ、ファンへの呼びかけではない、自己完結の言葉で始まったことがありました。

 

「僕は、Hey!Say!JUMPが、大好きです。」

 

ゆっくりと、幸せを噛みしめるように、微笑んで、話してくれました。

敢えて言わなくても、やまちゃんの言動を振り返れば、JUMPのことが大好きなことは十分なくらい伝わっているはずです。だけど、だからこそ、改めて話してくれたのかもしれません。

けいとりんのいるHey!Say!JUMPが大好きなんだと私は解釈しています。自担フィルターかかりまくってごめん。

やまちゃんが最後までなかなか納得できなかったのも、勿論やまちゃん自身が嫌だったのもあるだろうけど、自分が大切にしてきたHey!Say!JUMPの形が変わることが受け入れられなかったんじゃないかと思います。

 

 

ここまでの見解も、けいとりんが2年後にグループ復帰するのかも、実際のところ、どうなるのかは誰にもわかりません。

ただ、この2年間は、誰も忘れることができないものになるはずです。

この先15周年、20周年で過去を振り返るにあたって、この2年間をスルーするわけにはいかないし、むしろ積極的に取り上げてほしい。

この2年間しか歌われない曲ばっかりなのは勿体ないし、8人の頑張りを9人体制の復活でなかったことにしてほしくありません。

 

もし2年後に9人でコンサートをやるなら、けいとりんのソロと同じくらい、8人の姿も見てみたい。

メンステでけいとりんがソロやって、センステで8人がお揃いの衣装で踊って、真ん中の穴から同じ衣装のけいとりんが出てきて、ビバナイやってほしい。

それだけ。

 

 

 

ジャニオタがホームシアターでフラゲした話。

私は今賃貸物件に住んでいます。

だから、壁にはポスターの1枚さえ貼ることができません。お昼の番組でやってるDIYみたいな壁に取り付けるようなお洒落なグッズも使えません。

f:id:otm_moon:20180704181319j:image

こんなに広いのに…(布団がぐしゃぐしゃなのはちょっと見逃してください)  デッドスペースです。

 

この壁、何もしないでおくのはもったいない…

あとついでに言うとテレビが小さい…横の長さはうちわ2枚くらいしかない…(一般的な一人暮らしなら普通くらいかな)…なんか物足りない……

 

そんなことを考えて、ふとプロジェクターの存在を思い出しました。ライブDVDのフラゲにあたって、より臨場感を味わうには、夜に、爆音で再生するのが1番だと思っていました。テレビだとイヤホンがさせないので、どうにか全力でフラゲしたい(全力でフラゲとは)と思っていました。

とりあえずプロジェクターとはどんなもんやと思って検索してみました。値段はピンキリで、ジャニオタでいう双眼鏡と同じところがありました。良いブランド、より良い性能を求めればその分値段は高くなる。プロジェクターともなれば値段は双眼鏡の比ではなく、私が見た中で1番高くて40万円。もうプロじゃん。プロが使うやつじゃん。

結局予算は自分が出せる限度として10000円で探すことにしました。

一般人がプロジェクターを使うとどんな感じになるのかわからなかったので、とりあえずインスタで#プロジェクター #ホームシアター で検索しました。画質も良く、家族でアニメの映画を見たり、ワールドカップの試合を見ている様子がよく投稿されていました。

ただ、ジャニオタの投稿がほとんどありませんでした。意外でした。デュアルモニターで馴染みがあるはずなのにもしかしてそれ止まりなのでしょうか…もしかしたらこの界隈でプロジェクターを買えば割とパイオニアになれるのでは………?

 

ということで買ってみました。

買ったのはこちら。

QKK 2200ルーメン 小型プロジェクター 【3年保証】1080PフルHD対応 HDMIケーブル付属 台形補正 パソコン/スマホ/タブ https://www.amazon.co.jp/dp/B078J1XYKP/ref=cm_sw_r_cp_apip_RFUP6jyTH74Yk

 

f:id:otm_moon:20180705212802j:image

 

大きさはこんな感じです。ティッシュの箱くらいです。

私が買った時は1万円弱でした〜 よくわからなかったので決め手はレビューです(笑)  DVDプレーヤーもUSB(テレビ録画のHDDなど)も接続できるみたいです。

 

練習でCARの横アリを再生してみました。

 

f:id:otm_moon:20180705125632j:image

 

おわかりいただけるでしょうか。先述の通り家のテレビはうちわ2枚分しかありません(横の長さが)。これうちわ6枚ぐらい入るぞ… 実物より何倍も顔のでかい自担がカモナマイハウス……めっちゃ迫ってくる………

 

画質は、普通に見る分には満足です。ちゃんと顔もわかります。よくも悪くもカラオケ店のプロジェクタールームと同じ感じです。テレビやブルーレイにはやっぱり負けます。キャプチャしようとしたらほぼ確実にぼやけます。あと動きの速い場面(RWMやボイドンなどのダンス曲)ではちょっとぼやけます。あくまで主観ですが。

 

プロジェクター使って1番衝撃的だった場面を申し上げると、

 

山田涼介の首筋を流れる汗めっちゃ大粒ゥ!!!!!!!!!!!!!!!!すぎょい!!!!!!!!!!!!!

 

でした。圭人担でありながら、やまちゃんのお顔ではなく汗に注目してしまうくらいプロジェクターはやばいんですよ…。

 

ということでプロジェクターはこれにて準備完了です。

 

次はイヤホンです。

イヤホンは大別すると

・高音部やボーカルの輪郭がはっきりするもの

・低音の響きや拍打ちが強いもの

があります。私は後者が好みで、ライブの臨場感を味わえるのも後者だと思っています。ちなみに前者だとスイライの裕翔りんの「囁くような甘い吐息で君に〜(以下略)」が後者の比ではないくらいめちゃくちゃドキドキするのでそちらもおすすめです。

これも正直性能を求めていくとキリがありません。そして今回のフラゲは音にこだわったCDではなくDVDなので、iPhoneについてるイヤホンを使いました。もはや調達してない。iPhoneのイヤホン、そのへんで4千円くらいするイヤホンと遜色ないくらい音質いいんですよ…!

 

とりあえず使ってみたところ、もうフラゲ前から優勝してた。ビートで心臓ごとドゥクドゥク動かされる感じとかめちゃくちゃ再現度高くて最高。

 

 

そして、フラゲの時がやってきました。

8時間耐久レースなのでところどころでお菓子とドリンクを挟みます。しかし、自分の咀嚼音さえ鬱陶しいと考えていたので、それを塞ぐ音量で聴いていました。次の日は耳が痛かったです(笑) 

内容は書いたらきりがないので割愛しますが、全ての意識を画面に集中することができました。全力でフラゲしました。

 

ここまで長々と書いてしまいましたが、

私の家は、

 

フリータイム・飲食物持ち込み放題・ワンドリンク制なし・DVDと録画番組が揃って

お値段何と0円!!!

のプロジェクタールーム

 

になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

I’ll never let you go.

DVDを気持ちよく見るために無理やり整理しました。支離滅裂な文章であることをお許しください。

 

先日の大卒コンビの報道からずっと、あれは氷山の一角に過ぎないと思っていました。もしかしたら二の舞になる日が来るんじゃないかと、ずっと、思っていました。

また夜の街に繰り出す話かと思いました。また女に売られたのかと思いました。そうであってほしいと思っていました。

活動に影響の出ない範囲でなら、イメージを悪くすることだって好きにすれば良いと思っていた私にとって、最悪の文字しか見えませんでした。

 

そもそも活動をしなくなると。

文春が。

当たることの多い文春が教えてきました。

 

嘘だと、嘘だと思いたかった。

先にグループを抜けるべき人は他にいるんじゃないかって。

なんで同じ号に載ってる先輩は代わりのきくであろうサッカーのキャスターやってるんだろう。

○テレさんならテーマソング嵐でよかったんじゃないの?

なんで毎回毎回うちの子の話なんだろうって。

今月末っていつなんだよ。

本当のことだからだれもウェブ更新しないのかな。

7をらじらーに出さないのはこれのせいなのかな。

 

でも私には100%信じきることができませんでした。すばるくんのことがあったから。仕事の量も露出もグループトップ位に少なくて、そりゃレギュラー持ってるメンバーよりも脱退のリスクは格段に少ないだろうなって考えてしまいました。メンバー全員で金屏風バックに会見なんてしなくてお知らせ止まりなんだろうなとか考えてしまいました。海外留学やら素行不良やら、思い当たる節しかありませんでした。

 

涙も出ませんでした。何を見ても何を食べても何の感情もわかず、不安と恐怖から生理痛の薬を1日の規定量超飲んでも痛みは治りませんでした。最悪の事態に備えて、iPhoneからJUMPの写真、動画、曲、全部消しました。JUMPのない生活に今から慣れなきゃと思いました。

 

他に応援する人のいない私にとって、逃げる場所、心の拠り所などもうどこにもありません。

 

昔から応援してる人はどう思ってるのか気になって、片っ端から古株の巨大アカウントを覗いてきました(ひどい)。○ahooまでいったからもう本当なんじゃないか、仕方ない、という意見もいくつかありましたが、それよりも、嘘だと信じたい、もう前と同じ思いをしたくない、もし脱退の意思があっても考え直してほしい、そんな意見が大多数でした。

 

 

あなたは単なる英語要員でもギター要員でもないんです。できることならみんなあなたの存在そのものを必要としているんです。

 

 

 

未成年に飲酒を勧めて謹慎で済むなら、もし記事が本当なら、グループをクビになったのではなく、自分で辞めるって言ったんだと思います。依願退職的なものなら話は別だけども。カウコンの親子共演を見所にする事務所がそうそうクビにするとは思えません。

 

「昨年末のドッキリで仕掛人にも関わらず泣いちゃう、誰よりもメンバーファーストな人だから、きっと辞めるなんて言わない」と思いつつも、「自分なんていなくても、いない方が、メンバーのためになるんじゃないか、って考えたのかな」って思ってしまいました。

でも、そうやって身を引くつもりなら、大切な年の大切な歌を、どの会場でも涙するファンがいたあの曲を、大好きなメンバーが泣きながら歌ったあのずるい曲を、わざわざ作りたいなんて言えるのでしょうか。自分が辞めることで、あの曲がメンバーとファンを悲しませる曲になってしまうことは容易に想像できたはずです。

 

 

だから、やめました。

 

この気持ちをやめました。

 

 

バーターでもチョイ役でもいいからドラマに出てほしい。映画に出てほしい。舞台に出てほしい。どれも主演じゃなくていいから。レギュラーじゃなくてもシングルの宣伝でも単独じゃなくても全国区じゃなくてもいいから(冠以外の)バラエティーに出てほしい。絶対に多くは望まない、今からここに書いた仕事全部叶えてほしいなんて言わない、どれか1つでも叶えてくれたらそれでいい。どんだけ飲んでもお水の人と仲良くなってもいい。誰と恋愛しても結婚しても順番違ってもいい。毎日週刊誌載ってもいいから。

 

 

 

 

もう1年以上も前のことだけど、最後の挨拶で、

I’ll never let you go.” 

って、そうやって言ってくれましたね。

もちろんそれはあなたを特別に応援しているファンや会場にいた1万人だけに言ったんじゃないはずです。

あなたを含めたHey!Say!JUMPを応援するすべての人に「絶対に君を離さない」って。

だから私は、今こそ、あなたの言葉を信じたいと思います。そして、今だからこそ、私も離しちゃいけないんだと思います。

 

I’ll never let you go. 

どんなに道が暗くても、狭くても、この言葉を信じたら、あなたの道はきっと明るく、大きなものになるはずです。

 

 

 

これからもHey!Say!JUMPの岡本圭人くんを、応援させてください。

 

 

最近いろいろと考えてしまうことがあったのでここに書こうと思います。

 

こいつ本当に圭人担なんか??と思うくらい正直に書きます。

 

結論から言えば、この話はどれだけ騒いだところで解決はしないし、私は担降りしてないし、何も変わりません。

__________________________________________________

 

私の自担は岡本圭人くん(25)です。

笑顔が可愛くて気遣いができて、メンバーのことが大好きで、「周りの人が幸せになってくれたらそれでいい」なんてサラっと言えちゃう、そんな素敵な自担です。

でも、仕事がないことを時々自虐ネタにし、たまにレギュラー以外の番組に出たかと思えば全て身内の番組で、今は学生なのかどうかもわからない、最新のビジュはテレビでも雑誌でも目情でもなく、友人のSNSで広まってしまう、そんな自担です。

 

本当はグループの一員として活動してくれているだけでも十分ありがたいことだとはわかってます。特に私がJUMPのライブに行くようになった2016〜17年はいろいろと考えさせられることがありましたし…。でも、他のメンバーにいくつも単発ではない仕事が決まり、なんなら大学生のはずの薮くんもよーたんになっていたので正直羨ましかったです。

 

__________________________________________________

 

「伊野尾さんも大学出てから仕事が増えたし、けいとりんも大学卒業したら仕事増えるんだろうな」と思っていました。そうであって欲しかった。留年の報道が出ても、デビュー組だし学業と仕事の両立は難しいみたいだし、学業に専念するために仕事をセーブしてるんなら仕方がない、と思っていました。ふまけんが卒業するまでは。

ふまけんが卒業したと分かってから、少しずつ焦り始めました。2人ともほぼ毎年ドラマや映画に出て各種コンサートもこなし、デビュー組全体の中でも活躍している方だと思っていたからです。「なんでこの2人はこんなに忙しいのに卒業できたんだろう、すごいなぁ」じゃなくて、「なんでけいとりんは仕事たくさんあるわけじゃないのに卒業できないんだろう」って考えてしまいました。こんなファンでごめんなさい。

でもこんなん書かれたらけいとりんの卒業が気になっちゃうじゃないですか。

f:id:otm_moon:20180406213002j:image

f:id:otm_moon:20180406213029j:image

どうしても上智って2文字に目がいってしまうんです。これどちらも昨年度の単独インタビューのテキストなんですよ。

もし退学してたらわざわざ上智に通っている(た)ことを書くとは思えません…。

 

 

ところで、どうしても今後の仕事に大卒が絶対条件なのでしょうか…?

f:id:otm_moon:20180406214406j:image

f:id:otm_moon:20180406214419j:image

f:id:otm_moon:20180406214510j:image

昨年度の英語ネタをいくつか取り上げたんですけど、どこにも上智について書かれてないんですよ、むしろイギリスに留学していたことを推している感じ。まあ卒業できない可能性がそこそこあるからこうするしかなかったのかもしれないけど…。

 

正直、大学行ってなくてもイギリスに留学してた時点でこの仕事取れたんじゃない…?English Character の確立できてたんじゃない?

じゃあもう卒業にこだわらなくてよくない…?

留年でも退学でもよくない…?

自分のキャラに大卒が必要だと思うなら卒業できるように頑張ってほしいです。○女の記事見たけど。誰も怒ったりしないから自分の言葉で大学どうなったのか教えてほしいです。

 

__________________________________________________

 

私はアイドルは何をしてもいいと思っています。というよりアイドルを応援してるのでプライベートにはあまり興味がありません。恋愛や結婚も大賛成です。キャバクラ行こうが持ち帰ろうがヤバめの人らと飲もうが共演者の女優さんと仲良くなろうがクソ高いマンションに住もうが全く問題ありません。好きにしてくれって感じです。

…仕事に支障が無ければ。

 

けいとりんのことで言えば、不適切な言動ではなくて、ガードが甘いんだと思います。

Mステティッシュの乱はまあ昔のことだったしそりゃ歳相応のことしてるよねって感じだったんですけど、先日の上目遣いで肩を抱かれた乱は結構ショックでしたね…お酒に強いけいとりんが「酔っていて気づいたら撮られてた」なんて言い訳できないですから…撮られてるって分かっていながら(それがSNSだと知っていたかは置いといて)顔を隠したり一切していなかったのがショックでした。こういうことが何回もあったらそれこそ度重なるルール違反じゃないですか…もう誰にも本人の意志と反する事情でアイドル辞めて欲しくないです…。

 

__________________________________________________

 

 

あれやこれや言いながらずっとモヤモヤしてるのは、けいとりんを嫌いになれないからです。

正直、大卒だなんだと言っておきながら、けいとりんには英語より強い武器があると思います。

それは、「愛される力」です。

時折見せる、母性をくすぐる表情も確かに魅力的ではあるけど、なんかほっとけない、どうしても見守りたくなる、みんなで応援したくなる…そんなところがけいとりんの1番の強みだと思っています。

だからもし、けいとりんが学生じゃなくなって、仕事がたくさんくるようになっても、どうか、どうか、愛される力だけは大切にしてほしいです。

君らしく輝けば、明日はそこにあるから!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1月1日 東京オーラス

薮くん、けいとりんと同じく右手首にヘアゴム一本付けたり、とっさに岡本圭人と名乗ったり、けいとりん可愛がりすぎじゃない??

スイライBメロラップ終わりのclickって毎回左目でウィンクしてましたっけ…?いやそれが今日してたんですね!!!!!!しかも結構ドヤってましたね!!!大サビ、これはとりんとりん頑張ったポイントなんですけど、普段なら恋人繋ぎの指を絡め直すの、一回だけじゃないですか、昨日は3回直してました。そのあとけいとりんが空いた右手を重ねるなどしていました。現場からは以上です。

ドラムコーナーの雄也「あけおめ」は想定内だったけど、「ことよろ」は考えてなかったので無事にターミナルケアに入りました。

フロム大サビのやまちゃん「世界の空に愛の…ドーム、ありがとう!」、あそこまで歌詞いじったのはDEAR名古屋オーラストリプルアンコ「〜心から愛してます!」以来です(私調べ)。
キミアトAメロ、やぶけとが何やら楽しそうにしていた直後に、雄也の襟後ろ?髪の毛?の
①異物(多分ホコリ)を取った
②イヤモニが絡まったか何かを直した
のどちらかをしてて(雄也も身なり整えてたから多分②)、
ちょっと…岡本さんめっちゃ仕事してますやん……とドキドキしました。

愛ingの終わりで真ん中に集まる時、手を置く位置を比較したのですが、肩に置くメンバー、肩を組むメンバーが多い中、光くんがけいとりんの首元に手を添えていたことを、ひかけと担としてお伝えしておきます。

summary間奏で龍の声真似終わった裕翔りん、伊野尾さんに確認してて多分よかったか大丈夫って言われたんかな、安堵の表情でよかった。いのゆと、あゝいのゆと。大ちゃんは地上に降りてからの龍とのふれあいが、間奏のナビゲートもあって飼育員なのかと思いましたね。

DREAMERのけいとりん、同じタイミングて今度は左手でピースしてた。

H.our Timeの終わりがけ、けいとりんが鼻をすすってたんだけど、もしかして少し泣いてたのかな……

俺たちのファンサマシンガンこと中島裕翔さん、今日も絶好調だったけど、冒険ライダーのAメロ、下手花道で、指差し、お手振り、うさ耳、バーン、を2拍ごとに繰り出していたので、「ファンサしながら次のうちわを見てまたファンサする」を本当にしてて拝み倒した。

今日も下手スタンドだったんですけど、前回公演のアンコールは下手小島だけ時間なくて投げキスしてなかったんですけど、今回は時間ギリギリでやってくれたのでとても嬉しかったです。

ダブルアンコで岡本村のケ弥呼さんが出てくる時、本編に登場しなかった障子に影が映されて、スモーク焚かれたのを見た薮様の「すげー金かかってんじゃん」で1番笑いました。ダブルアンコールがとにかく良くてですね、まずアリツアオーラスでドレスを着たことから、正月だし和服見たかったんですね、そしたら女の子用の浴衣着てきたんですね。そんでこれまた、「曲聴きたいの?!」の煽りからの「しょうがないなぁ…ロミオアンドジュリエット!」でカツラと服を脱いで男に戻る瞬間が大好きで。アリツアオーラスは最後の最後で圭人くんに戻っただけで男に戻る瞬間が見られなかったから、今日は帯が外れた瞬間から最高だった。

●生声シリーズ●
DEAR名古屋オーラス「大好きだよ〜!」
I/O札幌オーラス「愛してるよ〜!」
I/O東京オーラス「(2018年も)愛し合おう〜!」

とうとう今日をもって相互的な言葉を使ってくれたので勝手に泣いてる。

 

 

うちわの話。というか私の2017年の話。

2007年、年子の妹とお金を出し合って買っていた「ちゃお」に、10人の、私より少し年上の男の子が出てきました。修二と彰松潤しか知らなかった私に、その人たちがみんな「ジャニーズ」の人たちなんだと教えてくれたのが、Hey!Say!JUMPでした。JUMPきっかけでジャニーズ事務所の存在とグループの繋がりを知りました。

2009年、友達に強火二宮担がいたこともあり、嵐の10周年を熱狂的ではなくとも意識的に見届けました。「ジャニーズのグループにとって、10周年は節目の1年、特別な1年である」ということを、非ジャニオタの小学生はしっかりと認識しました。

 

その後はテレビの露出に合う形で嵐の番組を中心に見たりしていました。その間に1人抜けました。そのうちに勉強と部活でいっぱいになり、完全にジャニーズから離れることになりました。(まあもともとFC入ってなかったしドル誌さえ買ってなかったし、ライブはお誘いを含めてジャニーズか否かを問わず行ったことがありませんでした。)

 

2015年8月1日、嵐にしやがれ出の伊野尾担になりました。当時の私は受験生でした。テレビのリアタイなんてできないし、自分が勝手に好きになったものは自分のお金で楽しむと決めていたので、FCは高校卒業後バイトを始めるまで入りませんでした。

そんな受験期の間に、カウコンで京セラドームからの中継を見ました。ビッシリ埋まった客席と、割れんばかりの歓声と、Hey!Say!JUMP。ものの数十秒の中継で、京セラが世界一幸せな場所なんじゃないかと思わされました。素直に、JUMPと年越しできるなんていいなぁ、と考えてました。

「私も来年はライブに行ってみたい。来年年越したら10周年になるんだ…」

私は次の年も京セラドームで中継になるもんだと思っていました。それならテレビで一緒に年越しはできないから、絶対に入りたい、年越した瞬間に「10周年おめでとう」って真っ先に伝えたい、と思いました。それならうちわを作るしかないと思いました。理想がどんどん大きくなっていきました。

 

2016年11月2日、JUMP垢を始めて、初めて相互さんに会いました。その人はプラスチックのスプーンに、公演に行けない人の名前を書いて会場に入ろうとしていました。これが忘れられませんでした。

翌日のオーラスで、来年のツアーファイナルに行きたい気持ちが大きくなりました。

 

2016年12月9日、大きく膨らんだ理想が現実になることが確約されました。ダメ元で申し込んだカウコンが当たったのです。「10周年に突入する瞬間に立ち会える」と考えただけで震えが止まりませんでした。そして、前々から考えていたうちわを作りました。

f:id:otm_moon:20171231005225j:image

f:id:otm_moon:20171231005236j:image

両面、今実物と見比べると余計に綺麗で淡白です(笑)

年越した瞬間に2枚目にクルッと裏返しました。ずっとずっとこれがやりたかった。席なんてどうでもよかった。 1枚目は開演1時間だけのために作ったし、それ以外の現場ではもちろん1度も使いませんでした。それでも、年越した瞬間に10周年おめでとうって伝えることが夢でした。夢を叶えました。

話の時制を少し戻します。大晦日、物販の列で相互さんのスプーンを思い出しました。「せっかく当たったカウコン、どうせならたくさんの人と一緒におめでとうって言いたい。」そんな気持ちが大きくなって、私もまねてうちわに名前を書かせていただくことにしました。なんだか寄せ書きみたいでいいなあと思いました。

f:id:otm_moon:20171231012404j:image

名前を書かせてくれる方を募集したら、数名の方からお返事を頂きました。油性ペンで書いてあるのがカウコンの時に書いたものです。

 

今年しかこのうちわは使えないんだ、だから、今年はこのうちわしか持たない。

10周年は後にも先にも今年しかないんだから、今年はこのうちわしか持たない。

 

って、ずっと1年間思い続けてオタクしてました。

 

2017年1月16日、圭人担になる。ここから圭人担の相互さんが多くなりました。というか、圭人担の相互さんはほとんどうちわを作ってから、2017年になってからの繋がりだった気がします。(カウコン時のうちわの伊野尾担率)

 

2017年6月15日、カウコンで寿命を迎えたはずの自名義がまた夢を叶えました。札幌オーラスが当たりました。もう嬉しさ通り越して恐ろしかった。同一本人名義でカウコンとツアーオーラスを、しかも同じ年に当てるなんて聞いたことがなかったから。

 

アリーナもドームもいろんな場所に出向いては相互さんとその連れの方を巻き込んで、名前を書いてもらい(書かせてしまい)ました。何回か会ったのに名前を書いてほしいと言えなかった相互さんもいたのでそこは申し訳なかったです。

 

2017年9月9日、地元公演で、ついに届きました。通路横で、緑のワンピースを着ていた私は、指を差された気がしました。その人は、自分のファンを見つけて優先的にファンサする人でした。周りのファンはその人の担当ではありませんでした。つまり同担がいませんでした。私は、その人が私に指をさしてくれたと確信しました。

けいとりんが、私の、例のうちわを見つけて、指をさしてくれました。

ファンサしてもらったこと、自担が私のために時間を使ってくれたことも嬉しかったけど、それ以上に、JUMPのメンバーに、あのうちわで、気持ちを伝えられたことが1番嬉しかった。

 

それ以前もそれ以降も、ファンサされたとか目に留まったとかはありませんでした。ただ、視界に入っていたらそれでいい。そんな気持ちで、毎公演うちわを持っていました。

 

2017年12月30日、私の10周年の現場納めでした。連番させてもらった相互さんとそのお友達、入場直前にご挨拶させてもらった圭人担の方に「そのうちわ知ってる!見たことある!」と言われました。思った以上に知られていてびっくりしました。みなさん快くお名前を書いてくださいました。ありがとうございました。

f:id:otm_moon:20171231020800j:image

 

文字の隅っこは剥がれかけ、黒地の部分も少しですが剥がれ、メンカラのハートも色が取れてきています。なんなら京セラで完全に1が取れちゃった。前半で載せた写真と見比べてみてほしいです。

 

こんなにぼろぼろになるまで使うなんて思ってもなかった。

こんなにたくさんの人に名前を書いてもらえるなんて思ってもなかった。

 

 

 

 

たくさん幸せになれた10周年だった。

たくさん夢が叶った10周年だった。

10周年、最高だった。

 

ずっとずっと、応援させてください。

 

 

 

10周年おめでとう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月30日 東京2日目

スイライとりん大サビ、裕翔りんがけいとりんをバックハグ。裕翔りんがけいとりんの頭なでなで。頭頂部をよしよしする感じじゃなくて、頭から耳、頬に手を滑らせてた。

12月30日は
TTTのBメロ後半で対面セッションしたから
ひかけと記念日

ignitionのサックスソロ、いつもなら冒頭はオタクの歓声でいっぱいになるのに、今日は最初から静かで、やまちゃんのサックスをしっかり聴こうという意思が感じられた。やまちゃん、最初に歓声が湧かなかったから焦ったのかリードミスしててそこでこちらはキャーってなってた。

フロム大サビでやまちゃんをまつりあげるけいとりん、すごくいい笑顔だった。口をニッと開いて、キラキラの瞳で。その笑顔守るために命かけても構わない。

CAR1番サビ直前?フロートが動き出す直前でペットボトルの水を飲んで下にいるスタッフさんに放り投げる薮宏太さん(27)

DREAMER、「ほらpeaceになるよ」でけいとりんがピースしてたんだけど、それがカウコンで健一さんが名前呼ばれた時にしてたやつでした。画質ごめん

f:id:otm_moon:20171230232956j:image

H.our Timeの大サビからかな?天井に4つのIと6つの砂時計、合わせて10個の像が映るの。10周年だから10個の像なんだろうけど、私は、10人でいた時間も10周年になくてはならない時間だったからだって思いたい。